狙っていた人妻の同僚をお持ち帰り成功!ホテルに連れ込み中出ししちゃった話。

風俗やエッチな情報を紹介 エロストア

同僚の人妻をお持ち帰りしてしまった…

ぐでんぐでんに酔わせてお持ち帰りw

つい数か月程前の話。職場の呑み会があり、以前から目をつけていた30代後半の人妻事務員をぐでんぐでんに酔わせてラブホに連れ込み、合体に成功した話ですw意識はそこそこあったものの、足にきていて真っ直ぐ歩けなかったので、腰に手を回して抱きかかえ、「休むだけだから大丈夫」などと騙し騙し強引にラブホへ。「早く帰らないと旦那に叱られる…」とか「子供が待ってるから…」とか言っていたが、部屋の入口でキスをしながら尻を撫で回していると、自分からチンチンを握って擦ってくるように。

彼女が脱衣所に入ったので追いかけて一緒に入ると、時間がないから簡単にシャワー浴びさせてと言う。服を脱ごうとする彼女を洗面台に押し付けてキスをし、スカートを捲ってパンストの中に手を突っ込んで刺激すると、両手を洗面台について足をガニ股に開いた。指を動かすとすでに割れ目全体がヌルヌルになっている。膣の締まりで指が何度も押し出されてしまう。彼女はガニ股に開いた膝をガクガクさせて仰け反る。

他人棒に喘ぐ淫乱妻

次はフェラをお願いするとその場に両膝をつき、自分の顔の目の前でベルトを外してズボンを膝まで下げてチンチンを引きずり出した。両手でシコシコしながら口の中に唾液を溜めている顔が物凄くエロかった。数分くらいフェラをさせ満足したので彼女を立たせ、洗面台に向かせて尻を突き出させるようにした。チンポを入れようとした瞬間、彼女が後ろに振り返って「避妊してっ!」と言ったが、時すでに遅くヌルっと入ってしまった。

外に出すからとなんとか落ち着かせピストンを続けると抵抗を諦めた。黙々と腰を振っていると膣が締まる間隔が近くなり、太ももを伝って流れる愛液が多くなってくる。片足に穿いたままの下着もかなり濡らしていた。相手もそろそろ逝きそうになっているらしく、しきりに振り返ってキスを求めてくるので舌を絡めながら激しく突き上げる。

「もう逝きそう」と耳元で呟くと「来て…来てっ」と言うのでお言葉に甘えてたっぷり中出しさせて頂きました。数秒後彼女はゴムを付けてない事に気付き焦っていましたが、「もう一回する?」と聞くと恥ずかしそうにうなずいたのでしょうがないから2回戦してあげましたw

ある程度落ち着いてから自宅に送ってお別れしましたがもう1回くらい抱いてあげようと思っていますw

Copyright © 風俗やエッチな情報を紹介 エロストア All Rights Reserved.